〜チャイからの挑戦〜








 こ、これは寒そうだなあ……
 絶対寒いなあ……
 まだまだ、まだまだ着かないでくれよ頼むから。温まる昼間まで、むしろ雪が溶け出し小川となってせせらぎ流れる季節まで、このまま暖房の効いたバスに乗っていたい。雪の早朝に作者をバスから降ろすという行為は
日本では殺人幇助罪にあたるというのをトルコの連中にも理解させねばならん。こんな雪の中にオレが降りようもんならもうああなってこうなって……

 ……。

 なんか停まったね道端に。まだ朝の6時だけど道端に停車したね。これどういう合図かな。
あたたかいとん汁でも配るサービスが始まるのかな。


「おいおまえっ。ほい、おまえっ」


「……」


「おまえっ!! そこのおまえっ!!!」


「……
いやー今日も降り積もる雪、きらめくダイヤモンドダスト。こうしてバスの中からそれを見ていられる幸せな時。あら、なんでしょう、キタキツネの親子がこちらに挨拶をしてやんちゃに駆けて行きましたわ。北国の美しい自然の中で、木々も動物たちもみんな一生懸命に生きているのですね


「おいこらっ!! そこの日本人!!! ここで降りるんだろうおまえ!! ほら、早く荷物持って来い!!」


いやじゃーーーっ(号泣)!!! なんでオレばっかり!! こんなとこで降りるくらいならケニアに戻るっ!! 帰して!! タンザニアに帰して(涙)!!」



「ほらほら、みんな協力してやってくれ。その子供の荷物運んでやってくれ」


「なんでだーーーーーーーーーーーーっ(涙)!!! オレは子供じゃねえ! 立派な大人だ!! なんでまたオレひとりなんだっ!! あんたらなんでオレと一緒に降りないんだっ(泣)!!!!」



 ブオーーーーー
 ……。
 
オレを1人早朝の雪の街角に降ろし、温かいバスは雪景色の中へ蒸気を巻き上げながら消えて行った。ぬくぬく眠る乗客たちの残像だけを残して。泣けとごとくに(号泣)。
 ……あのさあ、この前もそうだったけどさあ、なんでオレがトルコで乗るバスは道端でオレ1人を降ろすわけ?? あんなにたくさん乗客がいるじゃん。終点じゃないんならもっとさあ、あのさあ、ちょっとさあ、
寒いんだよっ!!! ぬおっ!! ぐおおおっ!!!

 
おお、おかあちゃん……おててが冷たいよ……おててがちんちんするよ……

 イスタンブールから夜行バスで10時間、今オレがいるのは国境の町への経由地点、エルズルムという町だ。この町はどんな町かというと、
寒い町だ。見ての通り、見ての通りなんだよっ!!!!
 これはまずいぞ〜〜。手が凍傷になりそうだ……。我がガイドブック曰く、エルズルムは「トルコ屈指の厳寒地」とのことである。文字にして「厳寒地」とたった3文字であり、おそらく空調の効いた部屋の中で「厳寒地」という言葉を何千回読んでも寒くもなければ暑くもならないだろうが、しかし、実際に厳寒地に放り出されてみるとどういうものが厳寒地かというのが大変よくわかる。教えてやろうキミたち。厳寒地ってのは、寒いんだよ。腕も千切れんばかりに。


 ……



 はぁ……はぁ……




 ああっ……はああぁっ……



 ミッチーの熱い吐息が耳に何度も吹きかけられる。
 下半身にタオルを巻いただけのオレの裸体の上を、うねるように彼女の弾力のある肌が滑ってゆく。思わず興奮の声を漏らしてしまうと、感情が肌を通して伝わったのか、より激しく彼女は力を入れてオレを責めてくる。

 ああ、いかに正常な思考能力を失っていたとはいえ、まさかオレがこんないかがわしい風俗に出入りするようになるなんて。しかしこの誘惑には抗えない。ミッチーがオレの裸体を揉みしだくテクニックは、寒さも明日のことも何もかも忘れさせてくれるくらい官能的なものであった。
 彼女に弄ばれ興奮しきったオレの体からは、我慢しきれずに汚物がほとばしる。

 ああ、いっぱいでちゃった……こ、こんなに……


 はい、そんなわけで、あまりの寒さに気が動転したオレは、ボッタクリタクシーをつかまえ街の中心まで行き、
本場のトルコ風呂(ハマム)でサウナに入りながら垢すりを体験していたのでした。
 いやー、しかしまさかオレがこんなに体に垢を隠していたなんて。いったいどこから出てくるのだろうと思うくらい、擦れば擦るほど謎の物体が出てくる。何も無い地肌からこれだけのものを出せるのは、オレかサイババくらいじゃないだろうか。言ってみれば、少し汚い物質化現象だ。
 ここまで出ると、昔なつかしの
垢からできた垢太郎を組み立てることも夢ではない。見事垢太郎が完成した暁には、そんな汚いものオレの息子だとは認めん。友達にすらなりたくない。
 おっと。いかんいかん。あまり下品なことを書くと作者のイメージダウンにつながってしまう。最近作者がみんなの中で美化されすぎてしまい、
アイドルと作者は決してトイレに行かないなんてバカげた噂が立っているようじゃないか。ダメだよみんな、そんな夢みたいなこと言ってたら。オレだってみんなや他のアイドルと同じように、オシッコも漏らせば草むらで大便もするんだから。ほら、同じでしょう?

 風呂上りはバスタオルを胸まで巻き、恥じらいながらロビーに出て火照った体と心を冷ます。うふ……わたし、
結構胸あるでしょ。いいのよ……あなた……。
 とはいえ、バストはヌード写真集のオファーが来てもいいくらいふくよかでも、他の部分に関してはミッチーに擦られすぎて
節足動物くらいガリガリのポキポキであった。ホネホネロックを歌うとよく似合うだろう。

 そうそう、このおっさんがオレの担当のミッチーです。ああ、このたくましくたるんだ腹の肉、太い眉毛……。
 男なのに「彼女は……」とか書いちゃったけど、ついつい弾みで間違えちゃったの。ごめんね。でもミッチーもなんかスカートみたいなの履いてるから紛らわしいよね。
これじゃあパッと見で女に勘違いされることもよくありそうだもん。
 ちなみにこのヤマアラシ的な外見でミッチーというのは、
大島渚くらい名が体を表さないかわいい名前だよね。

 さて、問題はいかにこの建物から出ずに次の場所へ向かうかである。せっかく温まったのにこのまま湿った体で厳寒地である外へ出たら、
オレで釘が打てるようになってしまう。学生時代ならまだしも、この年になって今さら大工道具として使われるのはイヤである。
 本来ならば夜行バス明けだし、このエルズルムで1泊しようかななんてかわゆいことを考えていたのだが、しかし屈指の厳寒地で好んで宿泊するのは今時
ゴマフアザラシかペンギンくらいである。愛らしい体毛こそ生えているが、オレはペンギンではない。猫なみに寒がりな作者である。
 よって、オレはメシも食わず垢も流さず、垢の上からシャツを着てすぐに移動することにした。国境の町へ直行である。

 ドゥバヤジットという東端の町に着いたのは、雪をまとうアララト山を夕陽がボヨヨ〜ンと照らす頃であった。今日はこの町の安宿で1泊である。
 ちなみに、アララトの山は地球を覆う大洪水の後に各種生き物を乗せた
ノアの箱舟が流れ着いたと言われている山である。まあ、寒くなけりゃもうちょっと興味深く見るんだけど。とりあえずイスタンブールから夜行バスに計23時間乗り続けた上にこの寒さでは、箱舟が着こうが風船おじさんが着こうが寝袋にくるまって寝る以外の行動はとる気にならない。箱舟じゃなくて長澤まさみちゃんがこの宿に着いたりしたら、ブリザードが吹き荒れていようと全裸で出て行くのだが。そしてこの厳寒でいつもより硬くなった(以下自主規制)
 まあそんなわけで
おつかれサマンサ。おやすみ。

 ……さあ〜〜〜て。

 いよいよイラン入国だ。本格的にアジア横断になってきた。トルコはアジアとヨーロッパ両方の側面を持ち、どちらにも対応できるという
カルーセル麻紀タイプの国。片やイランは、もう文句なしのアジア。
 考えてもみたまえ。由紀さおり安田祥子姉妹がトルコ行進曲を歌うのはよく見かけるが、イラン行進曲を歌っているところを見たことがあるか? 
無いだろうがっ!! 一目瞭然だろうが!! だからイランはアジアなんだよ!!!
 ちなみにアジアに入るとどうなるかというと、
注意が必要になる。旅行者を騙そうとする輩は世界中にいるものだが、アジアというのは生まれたばかりの赤子がオギャーと泣くより前に旅行者を騙そうとする地域である。女の子が初めて旅人を騙して小銭をボッタくって来たら、記念に赤飯を炊く風習があるくらいだ。

 さて、国境近くのマークーという町からは、またも天敵の夜行バスで首都のテヘランを目指すことにした。
 バスターミナルでテヘラン行きの切符を買ったところ、まだ発車までは時間があるようで、職員の方にチャイをご馳走してもらうことになった。チャイといえば元から甘いものと相場が決まっているが、今オレの前に置かれたチャイは、器の外に角砂糖が2個ついている。ほほお、イランではチャイと砂糖は別々に出されるのか。
 オレは迷わず2個ともピチャンとガラスの器に沈めた。

 ……おや? スプーンがついてないぞ?? 砂糖を入れたはいいが、どうやって溶かせばいいんだい??
 オレは、とりあえずしばらく待ってみた。このアツアツのチャイの熱で、放っておいても少しずつ砂糖が溶けていくのではないか。果報は寝て待てということではないか。
 しかし、寝て待てど暮らせど、
トシちゃんがいくつになってもトシちゃんであるように、角砂糖もカップの底でずっと角砂糖のままだ。
 うぬぬ……。これでは、砂糖を入れた意味が無い。このまま飲んだら砂糖はあくまでも大海を泳ぐマグロであって、
海の水を飲んでもマグロの味はしないように、砂糖が砂糖として独立している限りこのチャイが甘くなることは無いではないか。甘味の無いチャイなんて、1人でゲスト出演している高橋ジョージのようなもんだ。チャイには甘味が、ジョージには三船美佳が一緒でなければ、いい味など出せない。

 これはもしかして……。
 そうだ。オレは今、イラン人に試されているのだ。
 きっと奴らはわざとティースプーンをつけずにチャイを出し、今
しきりに脳年齢とか脳トレーニングなどという言葉をもてはやしている日本人がどれだけ実戦的な知恵を身に着けているかを、どこかで意地悪く観察しているに違いない。
 ぬううう……
その挑戦、受けてやろうじゃないか。平成教育委員会を家で1人で見て、「あ〜〜、今日オレが出場してたら優等生だったのに!!」と何度も悔しがったことのあるオレが日本人の知能を見せつけてやろうではないか。溶けぬなら、溶かしてみせようホトトギス。

 よし。
 この椀中の角砂糖をスプーンなしで溶かす方法、その答えはこれだ!!!
 オレはおもむろにカップの取っ手部分を持ち、チャイがこぼれない程度に揺すり出した。ただ揺するだけではない。
円を描くように回すのだ!! 時計周りに何度も何度も、少ししたら逆に回して、回転する流れと流れ、流れ同士がぶつかる勢いで激しく液体を揺すり、砂糖を砕いてしまうのだ!!!!
 さあ、どうだ。
もう惨めな砂糖の姿など微塵も無いだろうが!!!


 ……。


 おおお……。
 
全然溶けてない……。まるでオレの作り出した激流など木の葉を伝う1滴の朝露だとでも言わんばかりに、涼しい顔で鎮座ましますサイコロの真似をした双子の角砂糖野郎。てめえら〜〜、砂糖のクセに日本人をナメくさりやがって〜〜。
 こうなったら、オレも日本男児である。ここでおめおめと「ティースプーンをください」なんて白旗を掲げるわけにはいかねえ。わかってる。トイレに行った後も、国境を越える前から
1度も手を洗っていないオレの指がどれだけ汚いかはオレ自身が一番よくわかっている。
 ……だが、まだ見ぬ娘よ、そして息子よ。これがおまえらの父親の姿だ。
 
わりゃあっ!! オレの生き様見さらせやっ!!! オレが三河遠江は浜松出身の侍、作者ツヨシじゃあっ!!!

 おりゃあああああっ(自らの指をスプーン代わりにしようと人差し指でチャイに突入)!!!!!


 チャプン





 
あああっぢいいいいいいいいいっっっ!!!!!!!! (0.05秒で出す)

 
あづいっ(涙)!! あぢゅい(泣)!! だめっ!! だめですこんなの!! こんな熱いのを指でかき回すなんて無理です!! フーフーしなきゃ飲めないくらいの熱さなのにそこに指を入れるなんて絶対無理です(号泣)!!!

 ふー、ふーふー、ふーふー(指をフーフー)

 ああ、熱かった……。なんでたけし軍団じゃないのにこんなことしなけりゃいけないんだ……。くそ。いったいどうすれば。こんな時、吉四六さんがいてくれたら……。

 その時、オレの隣にイラン人の男女の客が、同じように職員に連れられてやって来た。やはりチャイのもてなしを受けている。しめしめ。やっと仲間ができたぞ。彼らもこの砂糖の謎かけには頭を悩ますはず。しかしカップを回すのも指でかき混ぜるのも気を送り込んで溶かすのも、全てオレがチャレンジ済みである。もうオレの後には草の根一本残されていないのだ。悩むがいい。
そして絶望するがいい。
 表面上は気にしないフリをしながら、オレはめっちゃ眼球を動かして横目で2人に注目した。すると彼らは、角砂糖をつまんで
カップには入れずに直接ガリっとかじり、その後ちびちびとチャイを飲むという行為を繰り返した。

 ……ほほう。
それがイランのチャイの飲み方ですか(涙)。そりゃあスプーンいりませんね(号泣)。

 オレは仕方なく、無味のままの自分のチャイを飲んだ。指の汚れが混じり
むしろしょっぱくなったチャイを飲み干しカップの底を見ると、まだまだ大きな角砂糖が2個、キチンと並んでいるのであった(泣)。
 オレは砂糖をそのまま食った。





今日の一冊は、

僕に茶魔語を教えてくれた

おぼっちゃまくん (1) (幻冬舎文庫)




TOP     NEXT